ウィスキーはオークションより専門業者へ

ウィスキー買取.net | 実体験に基づく優良業者口コミと評判 TOPなぜ買取サービス? >酒屋・オークションの違い

余計なトラブルを防ぐなら買取専門業者へ

自宅にあるお酒を買取してもらう場合、私たちが利用できる方法が3つあります。

まず一つ目がオークションを利用することです。 オークションは実に多種多様な商品が常に出品されています。不特定多数の人が利用しているので、こんなものが売れるのかという事も良くあることですよね。

しかし、お酒の場合は正確な査定に専門的な知識がいること、個人個人の取引なのでトラブルが多いこと、取引終了までに時間がかかってしまうことなどの、デメリットもあります。 特にお金が絡んでくるので、落札者と揉めてしまうと金額どころの話ではなくなってしまいます。

落札金額が予想できないことや、手間がかかりすぎるという理由で躊躇する人も多いです。
私の場合は、大量のお酒を処分したかったのと、時間的な余裕がなかったので利用することができませんでした。

また、酒屋さんは町中の至る所にありますが、すべての酒屋さんが専門的な知識を持っているわけではありません。
大衆的な普段取り扱っているお酒なら問題はないでしょうが、数が少なく希少なものを売る場合は、やはり買い取り専門の業者に依頼するべきだと思います。

ウィスキーなど歴史のあるお酒は、古くて数が少なく貴重なものがたくさんあります
こういったお酒は、市場価格が把握しづらいため、買取を専門で行っている業者でないと正しい査定を行うことができないのです。

口コミでも、酒屋さんで二足三文だったお酒が専門の買取業者に査定してもらうと数千円で買ってもらえたなどの声はよく見られるのです。

また、買取業者は出張買取や宅配での買取にも対応できるので、時間と場所を選ばないのも魅力です。


▲ PAGE TOP