ウィスキー 綴り

ウィスキー買取.net | 実体験に基づく優良業者口コミと評判 TOPうんちく >ウィスキーの綴り

国で異なるウィスキーの単語の綴り

ウィスキーは、海外からもたらされた洋酒の一つであり、日本でも人気があります。このお酒について、面白い豆知識があります。それは、国によってスペルに違いがあるという豆知識です。スコッチの本場であるスコットランドでは、Whiskyと単語が綴られています。一方でスコットランドに隣接するアイルランドでは、Whiskeyと表記が違うのが、このウィスキーのポイントです。
両者を見比べてみると、eのアルファベットがあるかどうかに差異が認められます。また、その他の諸外国を見てみると、アイルランド系式の綴りを採用する国が多いのも豆知識です。例えばアメリカにおいても、ウィスキーの綴りにはeが付け加えられています。

ウィスキーにまつわるアイルランドとスコットランドの豆知識

スコットランドとアイルランドで、ウィスキーの綴りに違いがある豆知識について考える前に、まずこのお酒の歴史について知る必要があります。ウィスキーは、12世紀に活躍したスペイン人の錬金術師により生み出されました。ワインを蒸留しその過程でできたお酒に対し、生命の水を意味するアクアヴィテと名づけます。
さらにアイルランド人やスコットランド人の祖先であるゲール人が、その製法を受け継いだのが、この豆知識の重要な点です。彼らは生命の水を意味するウシュクベーハーと名づけ、この名が後のウィスキーの語源となります。このように、アイルランドとスコットランドは共に、ウィスキー作りにおいて共通の歴史を持つのも、ウィスキーにまつわる豆知識の一つです。

アイルランドでウィスキーの綴りにeが加わった理由

なぜアイルランドとスコットランドでウィスキーの綴りに違いがあるのか、この豆知識の注目点はアイルランドにあります。19世紀のアイルランドでのこと、あるウィスキー業者が製品を特徴づけるため、綴りにeの文字を追加します。この点に注目した他のアイルランド国内の業者も、そのスタイルを倣いました。その結果、豆知識にあるようにアイルランド国内では、ウィスキーの綴りにeの文字を追加するスタイルが一般化します。
さらに、アイルランドで広まったこのスタイルを、アイルランド移民が各国に伝えたため、同様にウィスキーの綴りにeを入れるスタイルが世界に広まったのが豆知識の真実です。


▲ PAGE TOP