ウィスキー 種類

ウィスキー買取.net | 実体験に基づく優良業者口コミと評判 TOPうんちく >ウィスキーの種類

ウィスキーは風土選びで味が決まってしまう

ウィスキーの種類は、大きく分けるとシングルモルトとブレンデッドです。シングルモルトは、その蒸留所の大麦だけを使った物。ブレンデッドは、大麦とトウモロコシなどを混ぜたものです。ウィスキーは、その土地の風土に合った風味・味が特徴として現れるので、新しく蒸留所を作ることは難しく、種類も限られているのが現状です。
シングルモルトは、その蒸留所の特徴が、その土地のウィスキーの個性となり、世界中に愛されています。その種類は大きく分けると5種類になり、スコッチ・アメリカン・カナディアン・アイリッシュ・ジャパニーズと呼ばれています。

世界の5大ウィスキー

世界で5大ウィスキーと言えば、スコッチ・アメリカン・カナディアン・アイリッシュ・ジャパニーズの5種類ですが、その名前は多くの方がご存じでしょう。その中でも世界に多くの愛飲者を持つのが、スコッチです。スコッチはスコットランドで作られているものを言いますが、スコットランドには100を超える蒸留所があり、全て、その蒸留所の特徴があります。商品の種類は数えきれないほどあります。ピートと呼ばれる泥炭が豊富にある地域で、スモーキーな香りがつくのが特徴です。
ジャパニーズのウィスキーの種類は、年々増える傾向があり、愛飲者が増えています、泥炭に加え、水にもこだわりがあるのが特徴です。ウィスキーの特有のスモーキーフレーバーは抑えられ、飲みやすくまろやかな口当たりが特徴です。

ウィスキーの飲み方で種類を選ぶ

ウィスキーは氷を入れて飲むロック・水割り・お湯割りなどが主流ですが、割ってしまうと味わいが損なわれることがあります。そのため、飲み方に合わせてウィスキーの種類を変えることが、通の飲み方になります。ウィスキーの香り・口当たり・のど越し、どの特徴を味わいたいのか選択します。
その飲み方を楽しむには、種類を知っておかなければなりません。1つのお気に入りを長く楽しむのもいいですが、各地の特徴あるウィスキーを味わい、その良さを知ると、自分好みのものを発見することができます。種類を多く楽しみ、その中で、好きなウィスキーを絞り込み、好きな飲み方まで追求できるようになると、本格的と呼べるようになります。


▲ PAGE TOP